Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地震がきてからでは遅い!災害時の非常食には何が必要か

そのまま食べられるレトルト食品災害は免れても、様々なライフラインが復旧するまで、また救援物資が届くまである程度の生活が送れるよう、食品などをストックする事も必要です。

避難所に避難する場合と自宅でライフラインの復旧を待ちながら生活を送る場合とでは準備する物が若干違ってきますが、2パターンを家でストックするのは大変ですので、自宅でライフラインが使えなくなった時に役立つものをご紹介します。

電気・ガス・水道が途絶えた状況で数日間過ごすことを想定した場合、食事内容と食事量を優先して考えて下さいね。カセットコンロが家にあると温めて食べられる食品も準備できますから、一緒に購入する事をおススメします。

  • 水や湯を注ぐ、あるいは熱湯で温めると食べられるご飯。
  • 缶入りパンなど、長期間保存が可能なパン。(最近では美味しいのがでていますよ)
  • 賞味期限の長い焼き菓子。(クッキーなどがおススメです)
  • 缶入りあるいはレトルトの各種おかず、スープ、フルーツ。
  • 個包装された切り餅(腹もちも良いですし、栄養価も高いです)

私が家でストックしている食品は乾パン(王道ですね~)、おからクッキー(すごく満腹感があります)、インスタントラーメン、サバ缶などの缶詰類、チョコレート、水です。また、上記に挙げた物以外でも衛生的で箸やフォークがなくても簡単に食べられるようなもの、栄養価(カロリー)が高いもの、常温でも傷まない物なども準備しておくと良いと思います。こういったものは避難所にも持ち出し易いので、ぜひおススメです。

  • 梅干、海苔、魚肉ソーセージ
  • キャンディー、ドライフルーツ。(甘みのあるものがあると、精神的にホッとします)
  • 角砂糖、塩

大人用にも子ども用にも、1種類ずつ好きな食べものを用意しておくのも良いと思います。災害時や避難中などの不安な気持ちを和らげてくれますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ