Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家庭で用意しておきたい災害時の準備グッズリスト

被害リスクを軽減災害対策の基本とも言える避難グッズの準備。この準備をしておくだけでも安心感はかなりモノもですから、ぜひともお試し下さいね。

「でも、何を詰めれば良いのか・・」と悩んでおられる方に簡単ではありますが、大まかな避難グッズのご紹介をさせて頂きますね。

(1)避難グッズは、原則として一人に一つのリュックを用意する。もちろん家族の年齢、体格などに応じたリュックを用意して下さいね。またリュックは、軽くて丈夫な素材のものを選んで下さい。防水加工がされているとなお良いです。

(2)「どれも必要になるかも・・」と思って避難グッズをひととおり全部用意すると、かなりな量と重さになってしまいます。「絶対に生活する為には必要!」と思える物に優先順位をつけ、減らして行きます。

(3)荷物はそれぞれ小分けに詰めます。ビニール袋やファスナー付きの保存袋に入れ、種類別に縦置きの2~3段に詰めます。

  • いちばん底に、通帳、パスポート、保険証のコピー、紙幣、免許証などの貴重品。
  • タオル、ビニール袋、除菌ティッシュ、歯磨き、生理用品、オムツ、携帯トイレ、救急セットなどの衛星用品。
  • 寝具と着替え。嵩張らないように圧縮袋などに入れておくと防水もしてくれるので良いですよ。保温用にフリースのブランケット(うす手で嵩張らない物)、下着、保温性の高い上着、レインコートなど。
  • 救援物資が届くまでは避難所でも食事ができないかもしれません。ご飯代わりになるようなカロリーメイトやチョコレート、常備薬(解熱剤や頭痛薬)、筆記用具など。
  •  一番上に、懐中電灯、携帯電話の充電器、軍手、トイレットペーパーなど、すぐに必要となるものを詰めます。
  • リュックのポケット部分には歩きながら飲むペットボトルの水、ちょこちょこ食べるお菓子(飴など)、携帯ラジオ、携帯電話、ホイッスルなど。

(3)リュックのほかにも自分の衣服に小銭入れを一つ入れられるようにしておいて下さい。

(4)小さなお子さんのリュックにも

  • 家の住所
  • 家族の名前
  • 連絡先
  • 本人の血液型
  • 保険所のコピー

を入れた小銭入れを付けておいて下さい。万が一はぐれた時でも身元を確認する重要な手掛かりになります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ