Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

懐中電灯だけでは不十分?役立つ防災用照明

停電した時の誘導灯防災グッズの中でも、緊急に使うことが多い懐中電灯は、必ず準備する必要があります。特に地震災害が発生すると、電気の供給が止まるので、何日も暗い中で生活することになります。

ですから、防災グッズを準備する時に、懐中電灯を備えておきましょう。 日頃から、懐中電灯の照明を確認しておく必要があります。

電池切れになると照明の強さや範囲が狭くなるので、電池の備蓄も重要です。ランタン型のランプを準備しておけば、部屋の中を明るくすることができるので役に立ちます。

行動範囲が広がるように、懐中電灯は、家族の人数に合わせて備える必要があります。照明範囲の広いタイプやラジオの機能が付いているタイプなら、緊急用に役立つでしょう。

家族がそれぞれ使うだけでなく、テーブルや玄関にも備えておく必要があるので、ランタン方のランプや吊り下げるタイプのランプを準備しておくといいでしょう。さらに、首から掛けられるタイプの懐中電灯は、両手を自由に使えるので、地震災害時には、大変役にたちます。

自然災害は、深夜や早朝に発生することもあるので、暗闇の中を非難することになるかも知れません。防災グッズに懐中電灯を備えておかなければ、緊急の避難もできなくなるので注意が必要です。 さらに、忘れてはいけないのが、バッテリーの備蓄です。

乾電池やソーラー発電器を準備しておくことが大切です。ソーラー発電器があれば、充電ができるのでとても便利です。さらに手回しで発電するタイプもあるので、地震災害時には、とても役に立ちます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ