Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地震災害時、最低限必要な水はどれくらい?

飲料水の備蓄甚大な地震災害を被ると、交通アクセスの遮断だけでなく、ライフラインの復旧までにかなり日数がかかってしまいます。特に飲料水と生活用水については、復旧が遅れてしまうので、水の確保が問題になります。

アパートやマンションの貯水タンクには、ある程度の水が確保されていますが、全世帯が生活用水として浴槽やバケツに溜めてしまうと、すぐになくなってしまうでしょう。

ですから、給水制限になることが多いようです。地震災害の対策として、日頃から飲料水と生活用水を準備しておく必要があります。できるだけ、防災グッズに加えておきましょう。 一般的に、1人に必要な飲料水は、およそ3リットルですから、ペットボトルの飲料水を最低1週間分は備蓄する必要があります。

ですが、生活用水は別ですから、さらに多量の水を確保しなければいけません。毎日決まって3リットルの飲料水が必ず必要とは限らないのですが、飲料用とは別に料理にも使うので、最低でも3リットルの水が必要になります。市販されている飲料水は密閉されていますが、水道水を備蓄している場合は、細菌の繁殖が心配ですから、あまりおすすめできません。

できるだけ長期の保存が可能な飲料水を準備しましょう。 地震災害の防災グッズに加える飲料水は、保存期間が長い方が安心でしょう。家族の人数が多い場合は、まとめ買いをしておけば、慌てて探しまわることもなくなります。日頃から自分だけは大丈夫と、考えないようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ