Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ちょっとした工夫で節約できる節約法。電化製品の電気代も抑えられる?

家電にかかる電気代を少しでも減らす方法電化製品を見直すことにより、光熱費が抑えられて貯蓄が増える可能性があります。光熱費の節約は、貯蓄の基本です。節約を真剣に考えている人は既に、エアコン温度の設定を抑える、待機電力をなくす、こまめな消灯などに気を配って生活していると思います。

電気代は、生活費の中でもかなり大きな割合を占めますが、工夫次第でもっと減らすことができます。 電気代に占める割合が最も高い製品は冷蔵庫です。

生活必需品であり、冷蔵庫のない生活は考えられません。設定温度を低くしすぎない、冷気を逃がさないためのカーテンをつける、詰め込みすぎない、食品は冷ましてから入れる、といった工夫をすることでかなり節約することができます。

エアコンも消費電力の大きい家電です。快適な生活を送るために欠かすことのできない家電で、夏の暑さが年々厳しくなる現在、生命を守るためにも大切な家電です。これも、フィルターの掃除をこまめにする、扇風機を併用する、窓やカーテンを工夫するなどの努力をすることにより、節約することができます。

最近発売されたエコ家電は、本当に節約に大きな効果を発揮します。単価は決して安くありませんが、長い目で見たら電気代はかなり得しますし、環境負荷も軽減できます。10年以上家電を使っている人は、そろそろ見なおしてみてはいかがでしょうか。

エコ家電に買い替えたことだけで安心せずに、使わないときはなるべく主電源を落とすなど、こまめな節電を心がけましょう。交通網が発達していない地方に在住する場合、自動車は生活必需品ですが、決して安い買い物ではなく、維持費もかかります。

車本体の値段も大切ですが、多少高くても燃費が良く、維持費が抑えられる場合もあります。自動車の維持費として浮いた分は貯蓄につながるので、よく検討しましょう。

昨年、補助金制度があったこともあり、エコカーの普及率が高くなっています。エコカーは、電気自動車やハイブリッドカー、メタノール、天然ガスLPガスなどで動く、公害の少ない自動車のことを指します。世界的にCO2の排出を削減するためにも普及は欠かせません。

数年前までは、まだエコカーの普及は低く、限られた車種しかありませんでしたが、現在は、日本のみならず、世界中の自動車メーカーがさまざまなエコカーを販売していますので、自分の好みに合ったエコカーを見つけ出すことができるでしょう。

エコカーは、石油燃料の使用がゼロ、もしくは大幅に減らすことができるので、ガソリン代が節約できる点が、石油が高騰している今、ユーザーに最も魅力的なところではないでしょうか。残念ながら補助金制度は終了しましたが、ランニングコスト、減税のことを考えると、車の乗換えや購入を考えている人は、エコカーに乗り換えることをお勧めします。

地球のことを考えながら、家計にもやさしいエコカーを検討してみてください。 また、貯蓄の目的が車の購入、という方もおられるでしょう。エコカーの購入は、将来の貯蓄にもつながります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ