Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日常会話程度の英語を話せるようになりたい

知っておきたい中学卒業レベルの文法国際化の波に今一つ、乗り切れていない日本。本場さながらの流暢な英会話を習得したいと思っている方も多いと思います。もちろん、海外留学が一番確実な習得方法と思います。

ただ、ある程度の期間が必要ですし、それ以上に費用も必要です。海外留学意外の選択肢のひとつとして、英会話教室に通われている方も多いのではないでしょうか。日本にいながら英会話を習得出来る代表的方法ともいえます。

ただ、英会話教室に通う場合、しっかりとした目的を持って臨む事が大切です。中途半端に始めてしまうと、アッという間に挫折に繋がってしまいます。では、どんな目的があるのでしょうか。

ビジネスで活用するため
最近では、社内公用語が英語になっている大手企業も見かけます。こういったビジネスで活用することを目的に英会話教室に通う場合、海外の取引先との交渉方法、ビジネス用語の習得、海外からのオファーの受け答え、英文のビジネスレターの作成方法などを学びます。

また、それ以外でも、就職活動で条件を有利にするため、会社の方針のため、TOEICスコアの向上、英検取得を目指す方も多くおられます。こういった資格取得コースも英会話教室では設けられており、目標とするスコア別に申し込む事も可能です。

日常会話で活用するため
一番多いのが、海外旅行や留学準備の一つとして、現地の人とのコミュニケーション方法、英語で構成された映画・書籍を観たり読んだりする方法を学びます。長期滞在や、留学が決まっている場合はそれなりに真剣に取り組む事もできますが、ただ知識の一つとして・・・など、強制されることのない場合、ついつい怠けてしまい、教室に通うのが億劫になりがちです。

やはり、いつ、何のためになど、具体的な目的を持った方が時間的にも、費用的にもムダが省けるのではないでしょうか。また、最近では英会話のコースも非常に多様化してきています。英会話教室に行ってからコースを決めるのではなく、様々な教室のパンフレットを集め、インターネットなどの情報などと比較検討し、自分のなかであらかじめ大まかなコース設定を考えておいた方が良いと思います。

英会話教室がわも商売です。自分のニーズにあったコースをしっかりと吟味し、ムダに出費しないように注意して下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ