Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もう一度やり直したい人のちょっと変わった英会話スクール

英会話を憶える一番良い方法英会話教室も過当競争時代です。個性的な教室、他の英会話教室にはない、独自のシステムを採用しているところも目立ってきます。具体的な例のひとつに、外国人講師と日本人講師のダブルサポートを用意している英会話教室があります。

特に子ども英会話教室などでも見られるスタイルですが、主に外国人講師はアウトプットに、日本人講師はインプットという役割を持っています。

また、他にも日本語の使用が認められない英会話教室が存在しています。もちろん、授業中に留まらず、休憩時間にまで日本語の使用を制限している英会話教室があるのです。

私も以前、廊下で同じクラスの人と日本語でしゃべっていたら、「English Please!」と言われた事がありました。でも、同じ日本人同士、今さらたどたどしい英語で会話するのも気恥かしい物がありました・・。黙ってしまいました・・。

また、予約の電話や変更依頼なども英語で行わなければならない教室もあります。他にも、ユニークな英会話教室もあります。

例えば、外国料理の手解きを受けながら、英会話の習得を目指せる教室が有りますし、フラワーアレンジメントやティ―レッスンを受けながら英会話教室を行うタイプもあります。

一度に受講できる生徒数は限られていますが、それこそ、教室では味わえないリアルな日常会話や薬味の言い方、外国で使われている単位など身近な表現方法が身に付きます。外国の文化に触れながら英会話習得にも繋がりますので、女性にも非常に人気の高いスタイルでもあります。

また、課外授業を行う英会話教室もあります。定期的にパーティを開いたり、遠足に行ったり、様々なイベントをして教科書には載っていないような英会話体験をさせてくれる教室もあります。異文化交流、異文化比較にはもってこいのチャンスでもありますね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ