Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学校から子供を一貫校に通わせるメリット

進路の選択肢中学受験をするなら、小学校から受験をして一貫校に通わせたい、と思われる方も多いとおもいます。でも、中学受験は小学校受験よりも多くの方が希望すると言われています。

その理由は様々ですが、小学校の間は地元の子供達との交流を経験させたい、小学生に遠くの学校に通わせるのが負担になる・・などが多いようです。では、なぜ小学校で受験させなかったのに、中学校受験はさせるのか?これには大きく分けて2つの理由があります。

(1)一貫教育
大学進学、つまり、ある程度の学歴取得を目標にしている場合、一貫教育が非常に有効だと言われています。大学受験には中学で学ぶ基礎知識、高校で学ぶ応用知識の計6年間の授業内容が重要だと言われているからです。

中学、高校と別々の学校でそれぞれのカリキュラムの中では、学習が後戻りしてしまったり、重複してしまうこともあります。

反対に中学受験を行っている学校の多くでは、6年間一貫したカリキュラムが組まれています。つまり中学一年から高校3年までの6年間一貫計画が組み易く、高校3年までには全ての知識習得を終え、受験対策専門に1年間を費やす事も可能なのですね。

(2)環境
一貫教育も1つの環境ですが、全体が6年間という大きなカリキュラムのなかで動いていますので、ゆったりとしていますし、中学、高校と環境が変わってもそれ程違和感なく溶け込めます。中学に入ると普通の公立中学では受験、クラブ活動と2つの間に挟まれ、子ども自身の時間や余裕が失われがちです。

でも、一貫校の場合、高校受験がない分、クラブ活動や自分の時間、チャレンジしたい事に集中する事が出来ますし、先を見越した大学受験に集中することも出来ます。学校のカリキュラムの中で自然に前に進んでいける環境、これが大きな魅力でもありますね。自分のペースでクラブ活動や勉強を両立できるのは、子どもにとっても親にとっても嬉しい環境ではないでしょうか。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ