Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老眼につながるストレスで目の焦点が合わなくなる症状

充血している目目の疲れ、目を酷使することにより疲れが目にあらわれる事が多いのですが、目の使い過ぎ以外にも疲れ目の症状が出て来ることがあります。

意外な事にストレスが原因で疲れ目になる事があるんですよ。ストレスは様々な病気の要因になっていますが、疲れ目にも関係があるのですね。ここでストレスと眼の疲れの関係について簡単にご説明しますね。

  • ストレスを感じる
  • 自律神経のバランスが乱れる
  • ホルモン分泌が乱れる
  • 血流が悪化(涙の分泌量が減る)
  • 目の周りの血液循環の低下

このような流れでストレスから疲れ目に発展して行きます。「そんなに目を使う仕事はしていないのに・・?」と思われる方、ストレスが溜まっているのではありませんか?また、遠視や乱視を抱えている場合、きちんと矯正を行う事も大切です。メガネやコンタクトレンズを使っておられる方、度数が自分に合っていますか?

ストレスや疲れ意外にも目そのものの状態から目に疲れが溜まる事があります。視力検査を定期的に受け、矯正が必要な場合はきちんとした処置を受けるようにして下さいね。「まだ使えるから・・」と視力が落ちているのに昔のメガネを使い続けていると目だけでなく、体にもよくありません。目は強引にピントを合わせようとするので、疲れ目が起こりやすいですし頭痛の原因にもなります。

他にも、運動不足から来る血流の悪化、食事の偏り(特にダイエット)からくる疲労回復力の落ち込みも、目の疲れの原因にもなりますよ。また、最近ではテレビゲームや携帯ゲーム、小型ゲーム機が大流行です。長時間に渡りテレビやパソコンの画面を見ていたり、携帯やゲーム機の小さな画面を凝視していると、目のピント調節機能が落ち込みます。

そうなるとかすみ目やドライアイを招きやすくなってしまうんですね。特に小型ゲーム機や携帯電話の低年齢化により、小学生の子どもでも目の疲れを訴える事も多いようですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ