Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家の環境が原因!?目の疲れを引き起こす3つの要因

目の疲れを軽減させる方法家でパソコンやゲーム、携帯電話のメールなどで長時間を過ごす方も多いです。また、これ以外にもテレビを見たり、本を読んだり新聞を読むこともありますよね。

あまり意識していなかった・・という方もけっこうおられることと思いますが、家庭の環境も目の疲れに影響を及ぼしているのです。しかも、家は仕事場と違い、自分の好みに合わせた雰囲気作りを楽しめる場所です。オシャレな空間=目に快適な空間、とはなりにくいことを覚えておいて下さいね。

照明

落ち着いた雰囲気を醸してくれる間接灯。でも、手元が暗くなりがちですので細かい作業を行うとき等にはあまり適さないです。照明の落ちた部屋での作業は疲れ目などが起こりやすいです。部屋全体を明るくする必要はありませんが、部分的な照明を使用するなどの対策をとり、目に負担をかけない事が大切です。

姿勢

テレビを見る時の姿勢、本読む時の姿勢・・。この姿勢も目の疲れに大きく関わってきます。姿勢が誤っていると目の疲れなどを招いてしまいますよ。そして出来るだけ長時間に渡って目を使い続ける事のないように、適宜休みを挟むようにして下さい。また、テレビを見る場合、テレビ画面を見上げる姿勢になっていませんか?

それから、テレビをゴロゴロと横になりながら見ていませんか?このような姿勢で長時間過ごすと肩こりが起こりやすくなりますし、見上げる形で目を使っていると涙の蒸発が起こりやすくなるため、目の疲れを速めてしまいます。

少し見下ろすような状態にし、テレビ画面との距離もきちんと取るようにして下さい。 せっかく家で過ごすのだからゆったり過ごしたい!という気持ちもよくわかります。でも、その結果、疲れ目になるのではなんだかマイナスですよね。ちょっと窮屈に感じるかもしれませんが、自分の体のことを思い、背骨をまっすぐにしてテレビをみるようにして下さいね。

湿度

エアコンや暖房器具を使用する季節になるとどうしても室内が乾燥してしまいます。でもこの状態は、目の疲れに繋がってしまいます。加湿器を使い湿度をコントロールしたり、蒸気パックで目の乾燥予防をするなど、対策をとるようにして下さいね。

最近では卓上で簡単に電気を使わずに加湿できる装置も販売されています。こういった物を使った乾燥予防はおススメです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ