Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

目の疲れを翌日に持ち越さないための視力回復体操

疲れ目に効くツボ目の疲れを改善する方法は色々とありますが、パック等は自宅でないと用意できないですよね。外出先や仕事の合間にでも簡単に目の疲れを改善したい!という方は疲れ目改善に役立つ体操を実践してみてはいかがでしょうか。

ここでは簡単にできる3種類の体操をご紹介します。目の疲れが気になったら試してみて下さい。

(1)目を上下左右に動かす
これは非常に簡単です。一度目を強く閉じ、その後パッと開けます。そしてあとは頭部を動かさずに、目だけを右、左、上、下に動かし、再び目を強く閉じます。長時間パソコンを扱う仕事をしている方などは特に、視線を一点に集中してしまいます。

ピントをずっと近いところに合わせ続けているため、ピントを調節する毛様体に疲労が出てきます。この体操を30分ごとに2~3回繰り返し取りいれて下さい。ちょっとした気分転換にも最適です。

(2)疲れ目改善に効果的な方法をミックスした体操
自宅であれば、初めに温パックを行い、目の血の巡りを良くします。仕事先等であれば指先を温め、それを軽く瞼に当てて手で温パックをして下さい。

次に深呼吸に合わせて目の開閉を行います。ゆっくりと吸い込む時に目を閉じ、息を吐き出す時に目を開けます。深呼吸により体の中がすっきりとしますし、目の疲労回復運動もできます。ある程度深呼吸を続けたら、その後は静かに呼吸をしながら目を閉じ、一定時間目を休めます。

(3)毛様体の疲労に有効な体操
まず、10~20秒のあいだ、近くにあるものに視線を合わせ、じっと見つめます。次にできる限り遠方にあるものに視線を向け、5分程度ぼーっと見詰めて下さい。あとはこれを何度か反復するだけです。 ここでご紹介した体操は非常にシンプルでどこでも実践可能な方法です。一日に数回、これらを取りいれるだけでも目の疲れは改善されますので、一度試してみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ