Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

若くきれいに見られたい!たるみを取り除くフェイスリフトとは

切らない目の下のたるみ取りさて、思い切って踏み込む勇気がある方には頬のたるみを短期間で解消する「フェイスリフト」をおススメします。これは、「どうしても何とかしたい!」「ちまちまと自宅ケアしててもラチがあかない・・」という方向けの方法です。つまり、美容外科手術によってたるみそのものを顔から取り去るんです。

この手術では年齢に関係なく、高齢であってもたるんでしまった顔ををスッキリさせることが可能です。まあ、そこまでやるのは芸能人の方が多いと思いますが・・。これは美容外科手術です。なので、当然メスを使って切開します。

「そこまでは・・」と二の足を踏む方が多いですが、かなり効果的なたるみ改善法でもあるので、意外と手術に踏み切る方もたくさんおられるようです。このフェイスリフト、ほほのたるみ具合で治療方針が決定されます。通常ですとフェイスラインと耳の間をぐるりとU字を描くように、そしてさらに耳の後ろから側頭部にかけても切開していく方法です。

書いているだけで痛そうで、想像するのも辛いです。そして切り込んだ部分から器具を差し込んで、こめかみからほほ、あごにかけての皮下組織を剥離します。「ここまでしなくても・・」、「こんなことをしなくても・・」と思ってしまいますね。

最後に筋肉を包む筋膜を吊り上げます。こうすることでたるみが引き伸ばされて頬に張りが戻ります。 また、たるみが少なく、頬・あご周辺だけにある場合は、「ミニフェイスリフト」もあります。これも耳の横を5~6センチ切開して筋膜を吊ります。まあ、切開する範囲が狭いのが良いところでしょうか・・。

治療後は、切開した部分を包帯で巻いて固定します。このミニフェイスリフトは2~3日程で終わります。(通常の場合では4~5日前後です)

さらにプチリフトというより簡単なたるみ剥離方法もあります。こちらは切開も1㎝程度で済みますし、術後の腫れもほとんどありません。「どうしてここまで・・」と思ってしまいますが、人の拘りは人それぞれです。「どうしても!」という方は一度フェイスリフトという選択肢も頭に入れておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ