Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

結果に差が出る化粧水の正しいつけ方

化粧水を肌に浸透させる方法美肌を保つために重要な洗顔ですが、洗顔後に使用する化粧水はできるだけ早くつけるというのがスキンケア方法の基本です。

洗顔後は、水分がある程度減少しているため、素早く化粧水によって補う必要があるからです。化粧水の効能は、肌へ充分な水分を補給する事にあります。

そのため、洗顔後に利用するのが一般的なわけです。ただ、化粧水もつければ良いという訳ではなく、ポイントを抑えた利用法を知っておくと、より美肌を追求できるようになります。

化粧水は手のひらに適量を取る場合と、コットンなどを利用して使う場合がありますが、どちらもそれほど大きな違いはありません。ただし、コットンを利用するのであれば肌を擦るように使うよりも優しく当てるようにするのが正しいスキンケア方法のコツです。

なるべく肌へ負担をかけないように行うのが重要になるのです。手のひらにつけてから肌へなじませる場合も、まず手のひらの化粧水を軽く温めるように時間をおいてから使用するのが良いでしょう。

その後、水分が不足しがちな目元や口元などは、他の部位よりも念入りに化粧水ををつけるようにすると、シワなどが出にくくなるとされています。また、コットンの例からもパチパチと肌を叩きながら化粧水をつけるのは、肌への負担となるので避けた方が良いでしょう。

人間の肌というのは非常に敏感であり、特に顔になると要注意が必要です。赤ら顔に悩まれている人などは、特に優しく化粧水をつけるようなスキンケア方法を実践する事で改善できる場合もあるとされています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ