Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

肌全体に潤いを与えてもちもち肌になろう

毛穴やキメの乱れ肌がキレイと言われる女性の多くは、肌がしっかりと潤っている事が多いんですね。やはり、綺麗な肌を作るためには、保水と保湿が欠かせない要素でもあるようです。

まず保水ですが、これは肌に水分を取りいれることです。洗顔後、洗いっ放しの方は少ないと思いますが、化粧水でしっかりと保水して下さい。肌をたっぷりの水分で柔らかくし、奥まで浸透しやすくします。では保水で水分を与えれば潤いを作ることができるのでしょうか?

そんなことはありませんね。あっという間に乾燥しちゃいますよ。なぜなら保湿していないからです。保水のあとに保湿をしなければ、せっかく補った水分もどんどん肌の表面から失われてしまいます。念入りに保水したら、しっかりと保湿をしなければ意味がないんですね。

でも、子どもの頃は、そんなことしなかったのに・・。と思われる方も多いです。本来、私たちの体には保湿機能が備わっているのです、でも、加齢と共にその機能も衰えますし、本来備わっているはずの保湿成分も洗顔やメイクによって乱れたり失われたりしてしまいます。では、どうやって保湿すればいいのでしょうか?

基本的に乳液やクリームを取り入れのが一番お手軽ではないでしょうか?洗顔後、化粧水のみで終わりにしていた人、今からでもまだ間に合います。乳液やクリームを取り入れることで、保湿をすることができますよ。

でも、気を付けて下さい。乳液やクリームは、コットンではなく手でじかに付けるようにしたほうが肌にはいいのです。肌の潤いを保ったり、作ったりするための表皮や真皮層というのは非常に薄く、たった2mm程度しかありません。爪でサッと引っ掻いただけでも傷が付いてしまうような薄さです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ