Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

とことん追求!私の乾燥肌に合う手作りスキンケア

角層の水分不足「市販の基礎化粧品をいろいろ試してみたけど、やっぱり肌に合わない・・」という悩みもあると思います。市販されている物は「無添加」ではあっても、「水・薬草のみ」何てシンプルな物はありません。

ある程度、常温で長期使用できるように「何か」が加えられている事が多いです。でも、乾燥肌のかたにとってこの「何か」が肌にしみたりあまり合わない事があるんですね。もちろん、健康な肌であればそれ程気にならないのかもしれません。でも、乾燥肌だとちょっとした刺激でも敏感に感じてしまいます。

もう、いっそのこと自分にあった無添加のスキンケア用品を作ってみる

「面倒くさい・・」と思われるかもしれませんが、手作りするメリットも沢山あります。

(1)自分の肌の悩みにあった成分を入れられる。

(2)季節によって成分を調整できる。

特に乾燥肌であれば、ヒアルロン酸やグリセリンなどを積極的に入れみて下さい。保湿効果に優れているので、乾燥肌がかなり改善された!という方も多いです。さて、ここで基本ですが、化粧水は精製水をベースとして下さい。500mlのボトルが200円くらいで買えます。

後は、その精製水にヒアルロン酸やグリセリン等を入れて行けば良いだけです。グリセリンは100mlで500円くらいです。

作り方

・精製水   100ml(40円)
・グリセリン  10ml(50円)

これを無印のプラスチックのスプレー容器に入れれば完成です。この量だと100円くらいで作れるのは驚きですね。

また、「香りも楽しみたい」という方はアロマオイルなども混ぜることもできます。ハーブベースのアロマオイルなどは肌の乾燥に効果のあるものもあります。 より肌を潤わせたいのであれば、ヒアルロン酸などの量を少し増やしてみてもいいですね。

短期間で使い切る

でも、過ぎたるは・・と言います。より保湿効果を求めたいから・・と適量以上入れる事はしないで下さいね。ただ、手作り化粧水などでも、もともとの成分が肌に合わない事もあります。一度に大量に作ると処理も大変ですので、まずは「お試しよう」に少量を作ってみて下さい。皮膚が赤くなったり痒くなったら使用を止めて下さいね。

そして、手作り化粧品の欠点でもあり、長所でもあるのが「保存剤が入っていない」という事なんですね。肌にはとても良い事なのですが、長期保存には適していません。冷蔵庫に保管し、できるだけ早く使いきるようにして下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ