Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

若作りじゃあダメ!いま必要なのは「若く見せるための服装」

ちょっといい服を少し持っていたい若く見せるためには、服装にも気を遣った方がいいでしょう。流行から外れたファッションをしていると、ほかの努力を続けても若く見せるのが難しくなってしまいます。

若々しい印象を与えるためのファッションといっても、年相応のものでなければ不自然となってしまうということも理解しておく必要があります。それぞれの年代をターゲットとしたファッション誌をこまめにチェックし、自分に合った流行を取り入れましょう。

身体の中でも膝は加齢の影響があらわれやすいので、膝が見えるような服装をするときは注意しなければいけません。

ミニスカートの方が若く見せることができると考えている人は少なくありませんが、そうとは限らないのです。膝を見せることでかえって老けた印象を与えてしまっている場合もあるので、気を付けましょう。落ち着いた色の服ばかり着ていると、老けた印象を与えやすいので注意が必要です。

派手な色ばかり選ぶことはありませんが、パステルカラーなど明るめの色の服も着るようにするといいでしょう。肌の血色が悪いことが原因で老けて見えてしまう人がいますが、その場合に寒色系の色の服を着ると、もっと顔色が暗くなってしまいます。

血色が悪い人が若く見せるには、オレンジや赤などの暖色系を取り入れる必要があります。 茶色やグレーなどは年代を問わず、取り入れやすい色だと言えます。ですが、くすんだ茶色やグレーは老けて見られやすいので、取り入れるときには注意が必要です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ