Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

胃の調子が良くなる早食い肥満を防ぐ術

早食いのいけないところ肥満体型の人の多くは、早食いの傾向にあります。このことからも、早食いが肥満を招くことが分かりますが、早食いである自覚を持てない人も少なくありません。

太らない食生活を目指すなら、早食いは最初に改善すべきポイントと言えるでしょう。早食いが太る理由の1つとして、満腹感を感じる前にたくさん食べてしまうと言うことが挙げられます。

満腹感を感じるまでには、食材が胃に運ばれてから20分ほどの時間が必要ですが、早食いの人はそれまでの間にたくさんの食べ物を口に運びます。満腹感を感じていないためにどんどん食べてしまい、食べ終わってしばらくしてから満腹感を感じると言うパターンが多く見られます。

このような食事方法では、腹8分目どころか腹12分目くらいの量を食べてしまうことになるため、徐々に脂肪が蓄積されてしまうわけです。太らないための食事方法としては、まず早食いを避けるために良く噛むのがお勧めです。

また時間をかけて食事ができるように、様々な工夫をするのもいいでしょう。たとえば左手で箸を持ったり、子供用の小さな箸を使うことで、食事のスピードを落とすことが可能です。

早食いの人の多くは早食いである自覚がないため、このようにあえて食べづらい方法で強制的に食べる速度を遅くするのもお勧めです。他には、食事の前に空腹感をある程度和らげておくのも、太らないための1つの方法です。たとえば水かお茶を1杯飲んだり、場合によっては飴やガムなどで空腹感を紛らわせておくと、早食い防止に繋がります。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ