Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

太りすぎると赤ちゃんにも良くない妊娠期

体重増加を抑えたい妊娠すると、食欲が増える場合があります。これを、2人分の栄養が必要だからと推奨する時代もありましたが、現在では逆になるべく太らないように指導する場合がほとんどです。

これは、妊娠中に太ってしまうと出産が困難になったり、妊娠期特有の病気を発症するリスクが大幅に上昇するためです。これらのリスクを減らすためにも、妊娠したらなるべく太らないように心がけましょう。

とは言え、妊娠中に過度のダイエットを行うのは赤ちゃんにも良くありませんから、普段の生活の中で太らないための方法を実践するのがお勧めです。

妊娠中に激しい運動をするのはもちろんタブーですが、適度な運動を取り入れることは、安産を招く方法としても推奨されています。軽いウォーキングは気分転換にもなりますし、つわりを紛らわせる方法としてもお勧めです。

とは言え、中には安静にしていなければならない状態もありますから、運動を取り入れる際は必ず主治医に確認してからにしましょう。またつわりの一種で甘いものばかりを食べたくなることもあるようですが、この場合も太らないように注意が必要です。

どうしても甘いものを食べたい時は、お菓子やケーキなどではなく、フルーツを食べるようにするのがお勧めの方法です。妊娠期は通常よりも体が脂肪を溜め込もうとするため、太りやすい状態にあると言えますが、とくに中期から後期にかけて体重が増加する人が多いようです。

多少の増加は自然なことですが、やはり初期のうちに太ってしまうことはできるだけ避けたいものです。中期に入るまではなるべく太らないように心がけ、全体としての体重増加をできるだけ抑えましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ