Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

垂れ下がったお肌を引き上げる「切らない」美容整形

たるみを解消しハリのあるお肌へ「どうしてもたるみを取りたい、でも、顔にメスを入れるのは嫌」という方におススメの方法があります。これは切開せずに頬のたるみやシワを取り除く美容整形手術なんですね。「フェザーリフト」と呼ばれており、肌への負担が少なく、傷跡も残りにくい利点がある人気の若返り術です。まあでも、確かに切開はしませんが、痛そうなイメージです。

(1)針を挿入して糸を入れる。(包帯・消毒・入院は不要)
翌日からのメイクも可能。

(2)自然に溶解するタイプの糸殊加工の糸を使う。(抜糸も不要)
この糸には毛羽立ちがあり、皮膚に埋め込むと中で自然に縮みます。その縮む力で頬を持ち上げたるみを目立たなくし、ハリのある肌にしてくれます。つまり顔の皮膚の下に糸を入れてハリを持たせる方法なんですね。

このフェザーリフト自体、いくつかの種類がありますが、ほほのたるみ用にはポニーテイルリフトが一番よく行われています。ポニーテイルリフトというのは、髪の毛をポニーテールにすると、頭皮と一緒に顔の皮膚も後ろに引っ張られるので、顔のハリがポニーテールをしている間だけは和らぎます。これと同じ作用をポニーテイルリフトは糸を使って再現します。

やり方としては、耳の上から糸を挿入(!)し、耳近くのほほに通して引っ張り上げます。何だか医学の進歩というか、女性の「美への追及心」はスゴイというか・・・。ここまでするか~!って感じですよね。でも、術後にはたるみのないスッキリしたほほになれるんですよ。芸能人でも「引っ張ってるな・・」という方がおられますよね。

これ、たるみケアには最適ですが、引っ張り過ぎると目が吊り上ってキツイ印象になってしまうのでホドホドが良いですよね。また、頬だけでなくたるんだ部分をより細かく対応できるアプトスリフトもあります。これは目の下や首などのたるみを改善ができます。費用は手術を受ける病院によって異なりますが、大体1回5万円台からが一般的だそうです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ