Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女性の体はとってもデリケート!骨盤のゆがみによる不妊のリスクも

体のゆがみを直す女性は骨盤のゆがみに特に注意して下さいね。というのも、女性の骨盤は生理周期に合わせて開閉します。「骨盤が開く=悪い」ではなく、開く必要があるから開いているのです。

問題は開閉が上手く行かず、骨盤が歪んでしまう事です。出産後の女性は特に骨盤が歪みやすいので要注意とよく言われていますが、出産を経験していない女性も骨盤のゆがみでいろいろと気になる症状が出てしまいます。

もともと女性の骨盤内には「子宮・卵巣」など妊娠に大きく関わる器官が集まっています。これを骨盤は守ってもくれているのですが、この骨盤自体が歪んでしまうと骨盤の開閉が上手くできなくなってしまいます。

その為、骨盤内の血液の循環が安定せず、老廃物の排出に影響を及ぼします。また、血液循環の不安定さからホルモンバランスが崩れたり、月経不順や排卵不順に繋がる事もあります。そして骨盤のゆがみ、この症状が悪化してしまうと不妊に繋がることもあります。

これは医学的にはっきりと「骨盤と不妊」との関連性が証明されたわけではありません。でも、骨盤内にある子宮や卵巣が「骨盤の歪みの影響を受けない」と考える事の方が無理があるかもしれません。

かといって、「骨盤の整体を行ったから妊娠が可能になった」というのも言い過ぎだとは思います。女性の体、妊娠の仕組みはそれ程シンプルでもありません。

不妊で悩んでおられる方にはまず、産婦人科で科学的な検査を受けて欲しいです。「精子と卵子」、「基礎体温」、「月経周期」、「排卵周期」など解決すべき問題が他にもあるかもしれません。でも、こういった問題を解決すると同時に、子宮や卵巣に余計な負担をかけていないか、骨盤の状態もしっかり把握するようにして下さい。

「妊娠」はとてもデリケートな「現象」でもあります。女性の体はこういった変化をしっかりと受け止める為に作られています。でも、妊娠の「受け皿」となる骨盤が歪んでいるのはあまり良くありませんよね。しっかりと安全な状態で「妊娠」ができるよう、骨盤矯正も日々の生活に取りいれて下さい。

ただ、骨盤のゆがみはナカナカ自覚できるものではありません。整体やマッサージなどで診てもらい、「自分の骨盤のゆがみ」をしっかりと認識してから行って下さいね。「きっと、こんな感じかな・・」と適当にやってしまうと体に帰って負担をかけてしまいますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ