Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

店舗も通販もほぼ同じ!購入出来るコンタクトレンズの種類

取扱いがしやすいコンタクトレンズコンタクトレンズというとハードレンズとソフトレンズに大別出来るのではないでしょうか。それぞれに特徴がありますのでここでその違いを見てみましょう。

ソフトレンズ
装着が簡単ですが、ケアはちょっと手間が掛ります。なので、使い捨てタイプを利用する方がほとんどです。一日タイプ、二週間タイプ、1か月タイプが多いです。一日使い捨てタイプはケアをする必要はありませんので、出来るだけ目を清潔に保ちたい人に好まれています。

二週間タイプ、1か月タイプですと使用期間中はケアをしなければなりません。ただ、昔のソフトレンズ のような煮沸消毒をするタイプはあまりありません。専用のケースのレンズを入れ、専用の薬品を入れれば洗浄、消毒が出来るようになっています。

ソフトレンズの好まれる点は、装着している違和感が無く、激しい運動をしても外れにくいです。また、乱視対応のレンズもありますから、幅広い層に利用されています。

ハードレンズ
ドライアイの方は程度にもよりますが、ハードレンズを薦められる事が多いです。目の装着部分が狭いのでドライアイ向きともいえるのでしょうか。ハードレンズは使用期間が長く、半年や一年、三年交換のタイプのモノが多いです。

装着自体は簡単にできるのですが、ソフトレンズに比べ厚みがあるので、最初は目に異物感を感じる方も多いようです。また、ちょっとした衝撃や風などで外れてしまいますので、運動をする人には向いていないのではないでしょうか。

ケア自体はそれ程面倒くさくありませんし、保存液や洗浄液なども便利に変わってきています。ソフトレンズでもハードレンズでも自分の目に合うモノ、生活に合うモノを選ぶようにしてくださいね。スポーツの時だけソフトレンズ、普段の生活はハードレンズと使い分けするのもまた、一つの方法だと思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ