Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ケガの備えは大丈夫?地震災害時の救急用品

救急用品セット地震災害に見舞われると、部屋の中も危険な状態になってしまいます。さまざまな物が障害物になる可能性があるので、体を傷つけてしまう恐れがあります。

たとえば、窓ガラスや食器棚が壊れてしまうと、素足のまま歩くことはできないでしょう。さらに、家具類が倒れて来る危険性もあります。家の中で大怪我をすることがあるので、防災グッズを準備する時に救急用品を揃えておくといいでしょう。

特に、子供や高齢者がいる場合は、少しの怪我が原因で、体調を壊してしまう恐れがあるので、緊急のケアができるように備えておきましょう。地震災害時に備えた防災グッズとして準備する救急用品は、傷の悪化を抑える消毒が十分にできるようにしましょう。

消毒液や消毒綿は最低限準備しておく必要があります。気温が上昇する夏場は、傷口が悪化してしまうので、救急のケアができるようにしておきましょう。地震災害は、何時どこで発生するかわかりません。万全を取るためにも、傷の応急手当ができるように、防災グッズとして救急用品を備える必要があります。

普通から備えている救急用品とは別に、絆創膏なども入れておく必要があります。 ちょっとした怪我なら、絆創膏でも対応ができるので、役に立つでしょう。万が一、怪我の状態が悪い時は、包帯を使う必要もあります。防災グッズ準備する時に、救急用品をピックアップして、余分に準備しておくことが大切です。

地震災害に対応する救急用品は、日頃使っているものだけでなく、更に使用頻度の高い用品も加えておく必要があります。薬の使用期限をチェックしながら備えておきましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ