Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

買った場所で航空券のチケット料金が違う理由とは?

マイレージがつかないものがほとんど航空会社から購入する飛行機チケットとその他の販売業者から購入するチケット、どうしてその代金に違いが生じるのでしょうか。

例えば有名どころの航空会社のANAやJALなどでは通常に購入すると、大人の普通運賃で6万円、でも旅行会社など利用することによって4~5万円で購入したりも出来るんです。

そして、その販売元や購入時期、タイミングによっては、正規料金の半額近い価格で購入することが可能な場合意もあるんです。なぜ、全社一律料金ではないのでしょう? それは、航空券自体を旅行会社やチケット取り扱代理店などがまとめてある程度の席数を抑えるんですね。

そしてそれらの代理店に渡った飛行機チケットは、旅行会社などのほうで自由に値段を決めることができるんです。

じゃあ、航空会社も正規価格で安くすれば・・と思ってしまいそうですが、これには国土交通省から一定のラインが制定されているので代理店のように極端に安くすることができないのです。私は以前、ホテルのフロントで働いていたのですが、ホテルなどの宿泊も同じ事が言えます。

ホテルに直接予約を取って宿泊するよりも、JTBなどの旅行会社やネットのツアーサイトからの予約の方がかなり安価でいろいろなサービス付きで宿泊する事ができます。例えば旅行会社は毎日5部屋分程度の当日部屋予約を抑えてることが多いです。なのでホテルが満室状態でも旅行会社に行けば抑えている部屋分を購入する事ができる仕組みになっているんですね。

私もよく満室状態の時に「今日、宿泊したいんですが・・」とお客様がフロントにこられたら旅行会社に電話して当日予約分の部屋の空き状況を問い合わせたりしていました。(以外とあいている事が多いんですよ)

さて、旅行会社が自由にチケットの値段を決められるという事は当然ながら旅行会社の間で価格競争が起こるという事でもあります。各旅行会社が飛行機チケットの値段をどんどん競って行くため、同じ航空券でも販売元によって値段が違ってくるのです。より易く飛行機チケットを購入したい場合、できるだけたくさんの販売業者を比較することが重要ですよ~。

また、使用期限ぎりぎりのチケットのみを取り扱っている所もあります。それを当て込んで予定を組むのはナカナカ大変ですが、上手く利用すればかなりお得に飛行機を利用する事ができますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ