Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

過食症って、ただ食べ過ぎるって事だけじゃないの?

過食と向き合うのがつらい過食症という言葉を耳にされた事があると思いますが、そもそもこの過食症は精神性疾患の一つでもあります。

通常、過食症と言っていますが、実際には神経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう)と呼ばれており、これは一度に食物を一気に食べる摂食障害であり、それに伴い代償行為が行われるモノをさします。

過食症という言葉はよく聞きますが、過食症というのは正式名称ではなく神経性大食症の別名という事ですね。でも、まあ、医学をかじってない人にとっては過食症の方がピンときますよね。では、「代償行為」とはなんでしょう?

この神経性大食症になると、それに伴って行われる、嘔吐、下痢、必要以上の運動、絶食、薬物、利尿剤など、食べたという行為をゼロに戻すための行為なんですね。特に、食後、食べたものが消化される前、つまり食事が終わった直後にこういった代償行為をする事が多いのです。

その為、過食症として通常摂取以上の食品を食べていても、その本人の体重は標準、またはそれ以下の事が多くなります。ただ、代償行為を伴わない場合もあります。その場合、「むちゃ食い障害」という別の障害として扱われますが、食べた物をゼロにする訳ではありませんから、比較的体重が重くなることがあります。

さて、「神経性大食症」、食べない拒食症よりは食べる過食症の方が健康的・・というイメージがありますが、これは非常に恐ろしい障害でもあります。

「食べる事を抑えられない自分」・「食べてしまった自分」・「食べた物を強制的に嘔吐してしまう自分」など、症状が重篤になるにつれ自己嫌悪感も悪化し「うつ状態」になり易いですし、嘔吐症状の場合は胃液で食道や胃が炎症を起こし易くなってしまい、食物嚥下が困難になってしまう事もあります。

そして、症状が改善されない事を苦に自殺を試みることもあります。この摂食障害による自殺率は過食症の方が拒食症よりも高いと言われています。 そしてこの神経性大食症は摂食障害は「中枢性摂食異常症」として、特定疾患にも指定されています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ