Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気持ちを落ち着かせる食事で不眠への不安を和らげる

ダイエットによるストレス不眠症改善の方法はいろいろとありますが、意外と気づかない方法に「食事」があります。昼間運動をしたり、半身浴で体をリラックスさせる・・などの方法と合わせて行うと不眠症改善の効果も高まりますよ。でも、どうやって食事で不眠症が改善できるのでしょうか。

そもそも「寝つきの悪さ」の原因の一つに胃腸への負担が関係しています。食べ過ぎるとすぐに眠れないように、油っこいものや胃にもたれるものなどは「胃の負担」となって「寝つき」を妨げてしまいます。一度食事の量・内容について考えてみてはどうでしょうか。では、具体的にどんな食事がいいのでしょう。

(1)量は、多すぎず少なすぎず

食べ過ぎもよくありませんが、量が少ないと空腹感で眠れなくなってしまいます。

(2)眠る直前に物を食べない

少量でも脳への刺激に繋がってしまうため、夕食は早めに適量で!

(3)夕飯には、サラダを食べるようにする

特にレタスとセロリには、神経の高ぶりを抑え、質の高い睡眠に導いてくれる働きがあります。ただ、レタスには体を冷やす働きもあります。寝る直前に食べるは避けてください。

(4)温めたミルクを飲む

睡眠を高める効果があります。また、イライラや不安が原因で不眠症に繋がっているという場合にも、カルシウム補給に適しています。 食事はバランスが大切です。

体にいいものを体に適した量だけ取ることが大切です。不眠症で夜中に目が覚めて、おなかが減っていたのでオニギリを一つまみ・・、なんてことは避けてくださいね。不眠症が悪化するだけでなく、体のリズムもくるってしまいますよ。規則正しい生活習慣、バランスの取れた食習慣で不眠症もかなり改善できます。まずは毎日の生活の見直しから始めてみませんか?



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ