Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

南アフリカではフーディアと呼ばれるサボテンを食べて空腹を満たした

フーディアのサプリメントダイエットに励む人の多くがダイエットサプリメントを利用していますが、世の中には薬やサプリメント以外にも、食欲を抑える効果のある食べ物や植物がたくさんあります。アフリカ南部で取れるフーディアもその1つです。

フーディアはカラハリ砂漠に自生すると言われていますが、数が少ないために採取が非常に困難だと言われています。徒歩で砂漠を生き抜いたことで有名なブッシュマンも、空腹を凌ぐためにフーディアを食べていたそうです。

フーディアには水分やミネラルが豊富に含まれており、また食欲を抑える作用が強いと言われています。その効果は凄まじく、茎を食べるだけで2日間生き抜けるほどです。

フーディアにはP57という成分が含まれていますが、これが肥満治療薬として注目を集めています。食欲を抑える作用もさることながら、血糖値や中性脂肪値の改善にも有効で、健康的に体重を落とす上で大きな役割を果たしてくれるためです。

しかしながら、先述のとおりフーディアの採取は困難なため、現在は需要に対して供給が追い付いていない状況です。フーディアを利用したダイエットが効果的な理由としては、まず食べる量を無理なく減らせることが挙げられます。

フーディアから得られる満腹感は自然で、食欲を抑える効果が高いため、食べる量を減らしていてもストレスを感じることがありません。ストレスはダイエットの大敵ですから、これを克服するだけでも成功に一歩近づけると言えます。

ストレスのないダイエットはリバウンドのリスクもなく、無理なく続けられます。健康的かつ自然に減量する上で、フーディアが大きな助けとなることは間違いないでしょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ