Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

肌の潤い不足には様々な原因が!体質と季節に合ったファンデーションで対策を

肌の潤いは外気だけに影響されるものではありません。もちろん、体の水分不足も乾燥の原因になりますが、意外にも紫外線の影響によって肌の潤いが失われてしまうこともあるんですね。

そうなると、特に、紫外線の影響が強く出る夏は危険ですね。「紫外線=日焼け⇒シミ」と思いがちですが、肌の潤いを奪う強敵でもあるのですよ。まあ、日差しの強い夏場は日焼け止めを使用することによって紫外線の影響から肌を守る事ができます。

でも、日差しが弱まる季節はどうでしょうか?冬場に日焼け止めを塗る方はあまりおられないのでは?そもそも、売り場から日焼け止めが姿を消しますよね。そんな季節、それでも紫外線は降り注いでいます。

そこで注目したいのが、ファンデーションなんです。ファンデーションには日焼け止め効果が配合されているんですね。だから冬場の紫外線ケアにもおススメです。

ファンデーションを大きく分けると、パウダータイプとリキッドタイプ、他にもクリームタイプがあります。一年を通して律儀に一つのタイプのファンデーションを使い続けるよりも、季節によって使い分ける方が肌の潤いを保つ効果が高まります。では、それぞれの季節、どのタイプのファンデーションが適しているでしょうか?

  1. パウダータイプ=肌が乾燥し易い季節には向きません。
  2. クリームタイプ=紫外線を浴びたことが原因で乾燥している時、冬場に空気が乾燥している時に適しています。また、クリームファンデは、リキッドタイプより硬さがあります。リキッドタイプが苦手・・と言う方にもおススメです。

夏場は湿度が高いので逆にパウダーファンデの方を好む方が多いようです。また、夏場は日焼け止めを塗ってからファンデを使う方が多いので、軽めの方がサラッと仕上がります。

私個人も冬場はリキッドタイプを愛用しています。パウダーファンデだと粉を乗せただけのような感じがして、密着感が少ないんですね。保湿効果の高いBBクリームなど、化粧下地としても使えるタイプのリキッドファンデを愛用しています。

ファンデーションのタイプ選びも大切ですが、紫外線が強くなり始める季節、大体3月ぐらいからですが、その時期からは紫外線予防効果の高いファンデーションに切り替えることも大切ですよ。冬用、春秋用、夏用、と紫外線の強度に合わせたファンデーション選びで肌の潤いを守って下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ