Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

頭痛がするくらい冷え性になり疲れやすくなった

冷え性で頭痛持ち冷えによって血行が鈍ると頭痛を引き起こすことがあります。首の後ろ側に広がる僧帽筋に、栄養や酸素がうまく運ばれなくなることから起こる頭痛です。また、冷えによる血行不良に血管と神経の圧迫が重なると、緊張性頭痛という病気になる場合があります。

そして、病気というほどではないけれども、寝起きに緊張性頭痛に近い症状を感じている人が少なくないようです。人は睡眠中は全身の血行が穏やかになり、起床と同時に盛んになるというしくみになっています。

これは、副腎皮質ホルモンの作用によるもので、朝になると分泌されます。このホルモンによって、最適な血行を確保することができるのです。ところが、疲労や過度のストレスによって、副腎皮質ホルモンが消費されてしまい、寝起きに血行が確保できない場合があります。

さらに、冷え性の人は、睡眠中の血行が鈍くなりすぎてしまい、全身に運ばれるべき水分が上半身に集まってしまう傾向があるのです。こうしたことから、頭部がむくんだような状態になって、頭痛を引き起こすと考えられているのです。

こうした冷えからくる頭痛を防ぐために、頭部を冷気にさらさない、肩から後頭部のこりを予防する、下半身を冷やさないということに注意しなければいけません。頭痛がおきてしまったら、頭と脚を少し高くして横になり、足下と首筋そして両脇を温めてみて下さい。

なお、あまりにも激しい頭痛の場合には、何らかの病気の可能性があります。病院で受診するようにしましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ