Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴルフの障害、超える時こそ紳士淑女になろう!

ラテラル・ウォーターハザードの限界ゴルフはただ打って、飛ばして、入れて・・というだけが面白さではありません。ゴルフの面白さを増す要素に、「ハザード」と呼ばれるモノがあります。これは分かりやすく言うと「障害物」の事なんですね。

バンカー(砂場)・池が上手に配置されているので、戦略性をゴルフに加えてくれます。(私的にはハザードが無い方がありがたいのですが・・。)そしてもちろん、ハザード周りにも大切なマナーやルールがあるんですね。

(1)池にボールが入ってしまった時
ボールが池に入った場所からカップを結んだ直線の延長線上、後方の打てる位置まで下がってボールをドロップ。

もちろん、ボールが池の水際だったり・・と、池に入ってもボールが打てるようならそのまま打っても構いませんが、この場合気をつけなければいけないことに、「スルー・ザ・グリーン」の基本ルール、「そのままボールを打つ」を守らなければなりません。女性の場合はちょっと難しいと思いますので、素直にドロップを選択することのほうが多いと思います。

(2)バンカーにボールが入ってしまった時
打った後にバンカーを必ずレーキでならします。「足跡だらけ・・」なんて事にならないよう、足跡も、ショットの時についた跡もきれいにしてからバンカーを後にして下さいね。そしてレーキはバンカー内ではなくバンカー外に寝かせておきます。

(3)クラブをバンカーや池にショット前から触れてはいけない
ショットではバンカーの砂、池の水面に触れずに打つなんて事は不可能ですが、アドレス時に水面や砂にクラブをつけるのはダメなんですね。当然ながら手でバンカーの砂を取り除いたりすることもルール違反になりますから気をつけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ