Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴルフでグローブしてないとやはり変?素手で握る違いとは

消耗品のゴルフグローブゴルフで必要になってくる備品は様々ですが、絶対に必要なものにゴルフグローブがあります。手袋なんて・・と思われるかもしれませんが、これもウェアと同じで自分の好みや自分の手に合ったものを選ぶ方が良いのです。特にスイングする時にはグローブが非常に大切です。

ブカブカだったり、きつ過ぎるようであれば余計な摩擦が起きてしまいスイングがぶれてしまいます。できるだけ自分の手にフィットしたものを選ぶことが重要です。

それに、もともとグローブは手を守るために使うものです。自分の手に馴染まなければ練習でも、ラウンドでプレーをしていても、手の皮がむけたり余計な傷を増やしてしまう原因となってしまいます。しかも、手の微妙な感覚も狂ってきてしまうので、プレイにも影響が出ますよ。

緩めのグローブは、グリップが安定しにくくなりますし、きつい目のグローブは締め付けがきつくて痒くなったり、指先が痛くなったり、手に上手く力が入らなくなる事が多いです。

また、ゴルフの場合、グローブを両手にはめるタイプ、片手にはめるタイプと好みがありますが、女性の場合は両手にはめるほうが多数派のようです。

さて、初歩的な質問です。ゴルフグローブはどちらの手にはめればいいのでしょうか?片手にグローブをはめる場合であれば、利き手とは逆側のほうにはめるのが普通です。何だか不思議な感じですね。片手グローブがどうも合わない・・という方は両手にはめられてはどうでしょうか。

最近はオシャレなグローブがかなり出ています。特に女性向けのデザイン性の高いグローブや機能性に富んだグローブなどは人気もあります。ただ、グローブは様々に改善されてきていますが、プレイ中にグローブが破れてしまうことも多いんですね。

それほど簡単にグローブは破れるものではないのですが、ゴルフのグリップって意外と摩擦がかかるんです。しかも18ホールを闘い続けるとなると結構摩耗してしまいます。破れたグローブでプレイするのはどうかと思いますし、かといって左右を逆にするのも使いにくいです。予備のグローブも忘れずに用意しておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ