Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

表札で家の風格が決まる!玄関にこだわって家に活気を取り込もう

家の風格を決める表札人の第一印象を大きく決めるのはその人の「顔」です。同じように玄関の表札はその家を訪れた方が最初に目にする「顔」。つまり、その人本人を確認する為の物でもあるんですね。

そのため表札によって家の格が変わるとも言われています。「表札なんて、名前が分かれば良い・・」と思っていると大間違いなんですね。表札の素材や彫り方、掛ける位置等も重要になってきます。家の格を表す「表札」、同じ選ぶなら家運に良い影響を与えてくれる表札にしてみてはどうでしょうか。

木材

和風住宅なら木材の表札がおススメです。特に日本国内で育った木から作られたものは運気を高める力が強いですよ。その中でも・・。一位(いちい):縁起の良い貴木とされており、古来より珍重されてきた材木です。木曽檜(きそひのき):強靭な生命力が家運アップに良いとされています。槐(えんじゅ):槐は読み方が延寿に通じることから、魔除けにもなる銘木です。

石材

洋風住宅なら石でできたものが良いですね。特に大理石がおすすめです。天然の質の良い大理石を選ぶようにして下さいね。プラスティック製の人工大理石のようなものは家相的にあまりよくありません。できれば避けるようにして下さい。

彫り方

表札は姓だけ、または世帯主の姓名だけ書きます。ただ、このご時世、男女差を無くす意味でも連名になっていたり、家族全員の名前が彫られているものもあります。その場合は、世帯主よりも文字を小さくして下さい。また、文字の色は墨色の黒が良く、書体は、「楷書体、行書体、レイ書体」のいずれかにすると家運がアップすると言われています。

掛ける位置

ドア右側一番上の角に掛けるのが基本です。「見やすいから・・」と真ん中に寄せたり、左側に掛けたりはしないで下さいね。 表札は家に風格を与え、良い気を呼び込んでくれます。「今さら新しい表札に変えるのも勿体ない・・」と思われるのであれば、表札がかかっている位置をもう一度確認してみて下さいね。

また、定期的に表札をキレイにすることも大切です。顔が汚れていたら洗うように、家の顔である表札もキレイにしておいて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ