Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

病気にも効果てきめん!痛風に効く温泉の効能とそのパワー!

痛む足の親指の付け根の関節温泉は、肩こりや疲労回復など、慢性的な不調に効能を発揮しますが、痛風や糖尿病、動脈硬化など、深刻な生活習慣病にも効能を発揮します。

どの症状でも言えることですが、痛風などの病気の療養目的で温泉を活用するときは、必ずかかりつけの医師に相談してから行って下さい。

痛風は、名前の通り、痛みを伴うとてもつらい病気です。その苦痛を取り去るのに、温泉が効果を発揮してくれる場合があります。痛風のような生活習慣病の対策には、まずは食事療法が必要です。カロリー、プリン体を控えましょう。

また、痛風は血中の尿酸値が高くなる病気です。尿酸値を抑えるために、アルカリ性の食品を多くとるように心がけましょう。痛風には、飲泉が効果を発揮します。特に放射能泉は別名「痛風の湯」と言われるように、尿酸を排泄する効果が認められています。

鎮静作用もあるので入浴でも効果があります。 炭酸水素塩泉や硫酸塩泉など、アルカリ性の泉質も飲泉として痛風の治療に役立ちます。炭酸水素塩泉や、硫酸塩泉には、マグネシウムやカルシウムを含むものがあり、それらには鎮静作用があるので、入浴によっても効果が期待できます。

解毒作用がある硫黄泉も痛風への効果が期待されます。 痛風などの生活習慣病の治療には、ストレスを発散させてリラックスすることが何よりも大切です。温泉にはリラックス効果も期待できます。適切な治療を受けて、その補助として、温泉を上手に活用して下さい。

温泉の効能と入浴時の注意

温泉にはさまざまな効能がありますが、それを十分に堪能するために、いくつかの注意事項があります。温泉に入ることにより生じる身体的変化として、血圧の上昇があります。お湯に浸かることにより、全身に水圧がかかることや、温泉の効果で身体が温まることが原因です。

ですから、激しい運動や飲酒は、血圧を普段よりも上昇させている可能性がありますので、入浴前には避けましょう。特に飲酒後の入浴は思わぬ事故を引き起こすことがあるので気をつけましょう。

満腹の時も避けた方がよいです。血圧が上昇することと、全身に血液が巡るため、消化機能が満足に働かず、消化不良の原因になります。精神的に興奮しているときも入浴は控えましょう。空腹時の入浴も避けましょう。貧血を起こす恐れがあります。

理想的なのは、入浴前に30分ほど休憩をとって身体を休めることです。 お湯に浸かる時間にも注意が必要です。長く入れば入るほど、効能を得やすいのは確かですが、長時間入ると、心臓に負担をかけたり、湯あたりを起こす恐れがあります。

ぬるめのお湯で30分程度、熱めのお湯では10分程度を目安にして下さい。入浴と飲用を併用してより効果的に温泉の効果を楽しんでみてはいかがでしょうか。

これらの注意事項は普段家庭でお風呂に入るときにも当てはまることが多いですが、温泉は家庭風呂よりも効能が強いので、十分に気を付けないとかえって身体に逆効果になることもあるので、気を付けましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ