Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

貯蓄の秘訣は節約!まずは食費から

食費を節約するコツ私は以前、その日の分で献立を立てていたので、使い切れない食材が増えていました。例えば、レシピ本を見ながら作ると、めったに使わない食材や調味料が必要になったりするからです。

「このままではいけない!」と本腰を入れ、まずは、冷蔵庫の中身や、乾物や粉もの、調味料の在庫をリストアップし、家にある食材で作れるメニューを考えるようにしています。

在庫表を見ながら献立を考えよう

1週間分のメインの肉や魚を決めておくことで、献立が立てやすくなりました。在庫表を見て足りない食材をメモして買い物に行くので、無駄買いが減りました。

牛乳や卵、パンは、開店間際に値引きされているって知ってましたか?と言っても食べる量がほぼ決まっていて長く保存できないので、特売でも買いすぎないように注意して下さい。業務用スーパーでは、保存がきく徳用サイズの春雨や春巻きの皮を買ったり、コストコでトマト缶やパスタを買うなど工夫次第で節約になります。

お肉は、特売肉を大量買いすることで、食費を減らすことができます。まとめ買いしたお肉は、パックごと冷凍せず、小分けしてジップロックに入れたことで調理がグンと楽になります。脂肪が少なくヘルシーな鶏の胸肉ですが、冷凍すると解凍に時間がかかり、パサつきも気になったので、使い切る分だけ買うことにしています。少量パックでも十分安いですからね。

野菜は傷みやすいので無駄なく買おう

野菜は大入り袋は買わずに、必要な分だけにすると、いろんな種類の食材が買えたります。一度に使い切れないしょうがは、1回分にスライスし冷凍保存しておくと便利ですが、大根やキャベツを切って冷蔵保存しておくと、切り口から傷んでくるので注意して下さい。きゅうりやにんじんは、1本ずつペーパータオルで包んでからポリ袋に入れて冷蔵庫に保存すると長持ちします。

家計簿に挫折した私でも無理なく月に9,000円分も食費を減らすことができたので、参考にしてみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ