Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どれくらいの睡眠時間が最適?身長を伸ばすのに必要な睡眠時間

身長をのばす生活習慣睡眠には成長ホルモンの分泌以外にも、「骨を休める」効果もあります。でも、長ければ長いほど良いと言う訳でもありません。途中で何度も起きたり、眠りが浅いようであれば質の良い睡眠とはいえません。

リラックスしてぐっすりと眠れるように、部屋を暗くし、寝る前にテレビを見たり、子どもをしかったりすることなく自然に眠りに入る事が大切です。年代別でみてみると必要とされる睡眠時間にも差がありますので、大まかに分類してみます。

(1)小学校低学年=10時間前後
成長ホルモンの分泌に比例して背が伸びて行く時期ですので、しっかりと睡眠を取る事が大切です。また、寝る前の飲食、テレビは質の良い睡眠を妨げますので、避けて下さい。

(2)小学校高学年~中学生(=思春期)=9時間~9時間半
一番背が伸びる時期なので、9時間~9時間半程度の睡眠が必要です。また、この時期から分泌される性ホルモンも背を伸ばしてくれるので、(分泌が増えると成熟を促進させます)少々寝不足でも背は伸びますが、一生のうちで一番多く成長ホルモンの分泌が行われる期間です。

極端な睡眠不足は急激な身長の伸びを阻害してしまいます。また、この時期は精神的にも不安定な反抗期を迎える時期です。ただでさえ、自分を取り巻く環境にイライラが募る時期です。これに睡眠不足が加わるのは健全な心身の成長にも影響を及ぼしますので、出来る限りリラックスした睡眠時間を確保出来るようにして欲しいです。

(3)思春期の終わり~高校生以上=7~8時間前後
もっと短くてもスッキリと目覚める事が出来るならそれ以下でも可。 このように見ると身長を伸ばせる時期の睡眠が重要な事が良くわかります。

成長ホルモンの分泌は眠ってから30分程度後のノンレム睡眠時に多いと言われています。また、22時~2時の間の分泌量も多いと言われています。この時間帯にぐっすりとリラックスして眠れる質の良い睡眠を取るように心がけることが大切なんですね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ