Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

身長を伸ばす働きのある3つのホルモン

身長が低い原因体の成長に直接関わりのあるホルモンは「成長ホルモン・甲状腺ホルモン・性ホルモン」の3つがあります。それぞれ大切な役割を担っていますので、一つ一つご紹介します。

(1)成長ホルモン

分泌が多いほど成長が促進されますが、分泌量が少ないと成長は止まってしまいます。

このホルモンは、脳下垂体から分泌⇒肝臓⇒IGF-1ホルモンの生成⇒IGF-1ホルモンが骨端線を増強⇒身長が伸びる。このようなシステムで人体の成長を促進させていきます。この成長ホルモン自体は第一次性徴・第二次性徴などの時期に多く分泌されます。これ以外の時期でも量は減りますが分泌は続いています。

ただ、成人以降は成長ホルモンの分泌量は急激に減って行くようです。つまり、身長の伸びが止まるのですね。(完全に止まる訳ではありませんが、目に見えない程度・・ということなのですね。)

(2)甲状腺ホルモン

成長促進の作用があります。甲状腺から分泌され基礎代謝を高め筋肉量を増加させ身体の成長に大きく影響を与えます。

(3)性ホルモン

男性は精巣から、女性は卵巣から分泌され、成熟促進の作用があります。成熟=性機能の成長、ということになります。体の伸びではなく、内部の成長に深く関わります。このホルモン分泌により、男性・女性の性機能も成熟していきますが、同時に骨の成熟も招くので体の成長を止めてしまいます。

ですから、成熟期に入る前に出来るだけ骨端線の増強を促し、骨の成長を促進する事が身長の伸ばすポイントともなります。

よく言われることですが、女の子の場合、生理が始まるまでにある程度の身長の伸びが決まるそうです。ただ、男の子の場合は女の子よりも1~2年程遅く成熟が始まるようですので、中学生の間の身長の伸びが重要になってくるようです。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ