Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

太りにくい体をつくるなら半身浴

痩せる体を作る方法お風呂ダイエットで人気の高い・・と言うか、一番実践し易いのが半身浴ではないでしょうか。これは時間をかけて湯船につかることで体の老廃物を排出させ、代謝を上げるとともに発汗作用を促し美容効果も期待できる方法です。

では、半身浴とは、どういった入浴法でしょうか。これはぬるめのお湯に長時間つかることなんですね。熱い温度のお湯ですとゆっくり使っている内に湯あたりしてしまいますが、ぬるい温度ですとじっくりと体を温めて毒素を汗と一緒に出すことが出来ます。また、温浴効果によって基礎代謝が上がり、痩せやすい体質にも変えてくれます。

そして半身浴と言われているように、お湯につけるのは下半身までです。おへその上下あたりぐらいまでで、心臓まではつからないようにして下さいね。

下半身のみですので、冬場などは最初は寒くって辛いのですが、ぬるめのお湯ですから熱さでのぼせることもなく、じっくりと体を温める事が出来ます。長風呂が苦手な方でも比較的取り組みやすい入浴法だと思います。また、ゆっくりとつかれるのでその間は音楽を聴いたり、読書をしたり・・、と工夫次第で寛ぎの一環として楽しむ事も出来ますよ。

半身浴の基本的な方法は、先述とおり37~38℃のぬるめのお湯にみぞおちの辺りまでつかるようにして30分ほど入浴します。

心臓や肺に負担を掛けないよう、心臓から上は必ずお湯から出すように注意して下さい。どうしても上半身が冷えるから・・という場合は、タオルを肩に掛けたり、時折お湯を浴びればその内に体が温まり、気にならなくなります。

また、半身浴を始める前に、ひじから先と膝下の手足の先端部分を約43℃の熱めのお湯に5分程つけると、発汗が促進され体の毒素などが出やすくなるそうです。

そして、水分補給は適宜行って下さいね。ぬるいとはいえ長い時間入浴します。脱水症状を避けるためにも水分補給を忘れないようにして下さい。私は夏場は特に水分補給を多く行います。(その方が汗もかきやすそうなので・・)

ちょっとお行儀が悪いですが桶に冷えた水を入れたペットボトルを入れ、湯船に浮かせています。のどが渇いたな・・と思ったらチョビチョビと飲んで、水分を摂るようにしています。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ