Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食事で変わる!?身長を伸ばす食生活とその工夫

栄養バランスと運動食生活の乱れは成長の大きな障害に繋がります。これから成長期を迎えるお子さんのいる家庭では、食事の改善なども心がけて欲しいです。基本的に、朝食・昼食・夕食の三回の食事を摂る事が最低条件です。

最近の子供の朝食抜きが問題になっていますが、学校生活に支障をきたすだけでなく、体の成長にも影響を及ぼし、肥満の原因になる事も多いです。また、三回の食事はキチンと採れていても、栄養に偏りがあってはその効果は半減します。

肉類中心のメニューで野菜が少なかったり、味付けが濃い料理が多いのも最近では取り上げられています。脂質、糖質も重要な栄養素ではありますが、野菜に含まれるビタミンやマグネシウム、乳製品や海産物に多いカルシウムの摂取も必要です。

特に最近では子どもの牛乳嫌い、魚嫌いが増えてきています。偏った食事は栄養バランスも偏ってしまいますので、満遍なく、何でも食べられる習慣づけをして行って下さいね。また、間食・夜食はあまりおススメできません。特に夜食の場合、終身の2~3時間前には胃の中を空っぽにしておかなければ成長ホルモンの分泌が行われないと言われています。

夕食を食べた後、テレビを見ながらラーメンを食べる・・などは一番避けて欲しいパターンです。間食の場合、食事に影響の出ない量であれば良いと思います。成長期の子供です。12時過ぎ給食を食べ、夕方6時過ぎの晩御飯までお腹が持たない事も多いです。

ただ、脂質・糖質の摂りすぎには注意して下さいね。 子どもの体は沢山の栄養を必要としています。また、好き嫌いも無く、何でも食べられる習慣も大切ですので、料理に工夫をするなどして、出来るだけ沢山の栄養を摂取出来るようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ