Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

漢方なら安心?つわりに効果のある漢方薬

つわりの改善に漢方妊娠と共に始まるつわり。このつわりの症状に加え、この妊娠初期時期というのはまだ母体も赤ちゃんも安定している状態ではありません。

もちろん、症状が酷い場合は別ですが、余り薬は用いない方が良い時期でもあります。そのため、つわりを改善するような薬を処方することも難しいのですね。でも、どうしても・・、と言う時には、薬に変わって漢方が処方されることもあります。

西洋医学と東洋医学、それぞれ見解が異なっています。つわりに効果のある漢方は、薬局やインターネットなどでも簡単に購入することができます。でも、やはり体内に吸収されるモノです。購入前には必ずかかりつけの産婦人科に相談する必要があります。

体に害を及ぼすような事は無いとは思いますが、自己判断で飲用するのは危険すぎます。また、「友達がつわりの時に飲んで効果があったから・・」などの口コミも信用し過ぎないようにして下さいね。人の体質はそれぞれ違っています。自分の体質に合っていない漢方を勝手に飲んだりしないようにして下さい。

また、症状の重いつわりなどは、入院し絶食などの治療が必要な事もありますので、医師の指示のもと服用するようにして下さいね。つわりの症状でよく処方される漢方を大まかに紹介させて頂きます。

  1. 「小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)」
  2. 「半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)」
  3. 「半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)」
  4. 「六君子湯(リックンシトウ)」
  5. 「人参湯(ニンジントウ)」

製薬会社によっては配合方法や比率が異なってきますので、漢方医や産科医に支持を仰ぐようにして下さい。漢方の効果は人それぞれです。つわりには必ず漢方が効くわけではありません。でも、つわりを改善する薬を飲んでいる・・・、という事実が安心感となってつわりのストレスを和らげてくれる事もあります。

また、自分の体に合ってつわりが少しでも改善出来る事もあります。産科医に相談をしてみて、勧められるようであれば試してみる価値は有ると思います。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ