Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

靴を選ぶ時に注意したいヒールの高い靴

O脚改善、せっかく整体やストレッチに通って改善されても、日常生活の中に染みついている癖や習慣を改善しなければ元に戻ってしまう事が多々あります。その代表例が「歩き方や座り方」なんです。でも・・、歩くときに履いている、靴は大丈夫ですか?

8センチヒールが付いた踵の高い靴を履いている方のほうが、スニーカーを履いている方よりもO脚になる可能性は高いんですよ。これはヒールのせいで、足にかかる負担が非常に大きいからなんです。踵の高いヒールを履くと、膝が曲がり、腰にもゆがみが生じます。(しかも歩き方もちょっと「みっともない・・?」)

自分でもあまり気付かないうちに膝や腰を痛めてしまうことが多いです。 ・・と言っても、私も7センチヒールの靴を良く履くのですが、靴を選ぶ時にはかかと部分がしっかりと安定しているタイプの靴にしています。

見た目は「ピンヒール」の靴ほどスマートではないのですが、底が広く、安定しているので歩く時もしっかり踵から着地できます。 また、服装によってはヒールの方が合う時もあります。そういった場合は、ピンヒールではない、2センチ程度ヒール高さの物を選ぶようにして下さいね。

2センチ~3センチ程度であれば、膝や腰に与える負担はそれほど大きなものもありませんし、しっかりと踵から着地する事も出来ます。「カッコいい靴」が「O脚」という結果を招いてしまうかもしれませんので、靴選びはしっかりと考えてするようにして下さい。

また、靴のサイズはあっていますか?成長期の子どもと違い、大人になると「靴のサイズ」はほぼ一定して変わりません。でも、少しずつ大きくなることもありますから、靴屋さんで再度、測り直してもらって下さい。

自分のサイズに合わない靴を選んでしまいO脚になってしまったり、もともとのO脚状態がさらに悪化する事もあります。また、スニーカー選びの時には、つま先のほうに「指一本分くらいの余裕」を持たすようにして下さい。そして、かかと付近はしっかりと自分の足にフィットするようにします。

「O脚=足の筋肉のバランスが乱れている」という事が多いです。靴自体が脚に様々な影響を与えてしまいますから、キチンを自分の脚に合わせるようにして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ