Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高いヒールの靴でもキレイに歩くコツ

膝をまっすぐに伸びて歩く「O脚だから、歩き方がおかしい」と思ってしまいます。もちろん、それは事実ですが、逆に歩き方がおかしいとO脚になる原因になってしまうこともあるんですよ。

歩く距離は人それぞれですが、「一日中全く歩かない!」というは方は少ないと思います。普段何気なく歩いていますが、この機会に移動の時や、家の中でちょっと歩く時など、「自分の歩き方」がどうかを確認してみて下さい。

さて、では何が「正しい歩き方」なんでしょうか。 これは着地と踏み出す時を確認することでわかります。皆さんは普段歩く時、脚を着地する時、どの順番で脚を地面に付けておられますか?

「かかと⇒足の裏⇒つま先」という順についていますか?着地は足の裏全体で行うのではなく、かかとから行うのが「正しい歩き方」です。

何年か前に「ウオーキング」が流行った時期があり、「キレイな歩き方」がとても脚光を浴びていましたので、女性の方は結構歩き方を意識していることと思います。

でも、最近よく見かけるのが「高いヒールの靴」を履いている女性です。プロのモデルさん達は本格的な歩き方の訓練を積まれているので、10センチもヒールがあるような靴でも、さっそうと綺麗に歩いておられます。

でも、そんな訓練も積んでいない人にとっては、高いヒールを履いて「かかとから」着地なんて出来っこないんですね。ついつい膝を曲げ、「ペッタン・ペッタン」と音がしそうな歩き方になるんです。見ていて「かわいそうだな・・」って思ってしまいます。「正しい歩き方=綺麗な歩き方」でもあります。正しく歩ける靴を選ぶことも大切なんですね。

正しい歩き方が習慣づくとO脚になるリスクも減ります。でも、「正しくない歩き方」が習慣になってしまうと、両足にかかる体重が違ってしまったり、骨や筋肉に負担をかけることになり、その結果O脚へと繋がってしまいます。

「歩き方が何だかヘン・・」とは気づいていても中々注意できないものです。まずは、自分で「かかとから!」と意識することから始めてみて下さいね。洋服もメイクもバッチリなのに、歩き方がヘンだと台無しですよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ