Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

何が必要?里帰り出産の準備はいつから始めれば良い?

里帰り出産のリスク慣れない事ばかりの出産。心身ともにリラックスして出産に臨みたいから・・と里帰り出産をする方もたくさんおられます。

親元での出産ですから、何か困ったことが起きても「大先輩」にアドバイスをしてもらう事もでき、精神的な安心感を得られますし、自分の生まれ育った家、両親に囲まれて気兼ねなく過ごすこともできます。

特に産後の1か月は母体の復調期間でもあります。赤ちゃんのおっぱいの時間間隔も短い上に、入浴、着替え、おむつ替えなど慣れない事ばかりで本当に大変です。でも、これが実家なら家事やパパの食事や身の回りの用事等をする必要もないので、体をゆっくりと休めることができます。

では、里帰り出産の場合、準備するものって何が必要なんでしょうか。

病院同士の連携

「里帰り出産」を希望される場合、妊娠初期からかかっている現住所に近いほうの病院と実家近くの病院の両方に、できるだけ早くに連絡をするようにして下さい。

送り出す側の病院で、先方の医師に宛てた紹介状や妊娠経過についての報告など、必要書類を用意してもらいます。 受け入れる側の病院でも、出産予定日前後の医師の調整、やベッドの空き具合等の調整が必要になりますから、出来るだけ早く連絡をとりあうようにして下さい。

帰省準備

実家には遅くとも35週までに帰れるようにして下さい。産後の滞在期間にもよりますが、ベビーベッド、ベビーバスなど新生児期に必要なベビー準備品は実家近くでレンタルできるよう手配します。また、申請書類や母子手帳など出産時に必要な書類は忘れず持って行って下さいね。おむつなどの消耗品は実家の近くで購入できますが、赤ちゃんのうぶ着やママの身の回り品などは早い目に準備して送っておくと便利です。

帰省方法

臨月ギリギリに帰省・・というのは母子ともに非常に負担がかかってしまいます。それに、飛行機を利用する場合、出産予定日の4週間以内になると主治医の診断書が必要になってきたりしますので(これは航空会社によって規定が異なっています)、少し余裕を持って早い目の帰省をおススメします。

留守宅の調整

旦那さんも自分の実家に戻るのであれば自宅は「空き家状態」になりますから、新聞等を止めておいて下さい。また、旦那さんが自宅で留守番をするのであれば「衣食住」のコントロールができるよう、シミュレーションを繰り返しやってもらって下さいね。

「掃除道具、使い方」、「衣類、分類ラベル」、「作り置き食材、加熱方法」など「これを読んだら何とかできる・・」という詳しい説明付きであれば里帰り出産からのUターンも安心できます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ