Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

冷え性は生理不順の原因に!冷え性を自力で改善する方法

冷えは万病の元
女性のお悩みベスト3にランクインされるものに、冷え症があるんじゃあないでしょうか。

この冷え症、重大な疾患という訳ではありませんが、放っておくと体に起こる様々な不調の原因となってしまいます。そもそも、冷え症には原因別にみると大きく4つのパターンに分けられます。

  • 低血圧:血液を抹消部分にまで行き渡らせる力を弱める為
  • 貧血:最も多い冷え症タイプ。ヘモグロビン量不足によるもので、偏食などが原因になり易い。
  • 自立神経失調症:ストレスなどが原因となり自律神経の乱れが起こる為。最近多くなってきている。
  • ホルモンバランスの崩れ:ホルモン分泌の増減が原因。汗をかき易くなり、生理不順、ほてりを感じ易い。

つまり、生理不順も冷え性が原因で起こっている事があります。ホルモンラバランスが乱れると起きやすい冷え症。生理不順だけでも辛いのに、溜まりませんよね。「ホルモンバランスの乱れ⇒冷え症⇒血行不良⇒生理不順」。

この悪循環、どこかで断ち切りたいですね。ホルモンバランス自体を整えるには、病院で診察を受ける事をおススメします。「自力で何とか冷え症を改善したい!!」という方、改善できるポイントがないか調べてみましょう。

また、体が冷えることだけが冷え性だと思っていませんか?冷え性の症状には、手足が冷える以外にも腰痛・肩・首のコリ、便秘や肌荒れなども含まれます。「野菜を食べているのにお通じが悪い・・」と便秘がちな人や、体が疲れがちな人は、冷え性の可能性も高いです。

では、どうやって冷え症を改善するのでしょうか?やはり基本的には、体を冷やさないことです。夏の暑い中では涼しい格好をしたくなりますが、冷房が効いた部屋で過ごす場合は、上着を羽織るようにして下さい。私は足先が特に辛いので、夏でも靴下は絶対に履いています。

また、反対に寒い冬場、特に節電で職場がとても寒い時もありますよね。この場合はあたたかい飲み物を飲んだり、保温性の高い肌着、上着を着て冷え性対策をして下さい。私のおススメの冷え症対策は「はちみつ生姜」です。

これは、スライスしたたっぷりの生姜をひたひたに蜂蜜に漬け込むだけです。これを白湯に入れたり、お茶に入れたり、料理に使ったりしています。他にも、ちょっと長い目の半身浴をして冷え症対策をしています。半身浴でのポイントは、お風呂からあがる時に冷水を勇気を出して手足に書けることです。後でポカポカが持続しますよ。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ