Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

効果的な身長を伸ばす方法!ホルモン注射で身長を伸ばす

個人差がある身長の伸び遺伝や体質的な低身長を除き、染色体や成長ホルモンの分泌異常などが原因の正常低身長として扱われれば、成長ホルモンの投与による治療を受けることになります。これは、成長ホルモンを補う必要性があるからなんですね。

医療機関で5日間に渡って診察、検査を行います。検査は4つ行います。そして検査の結果、成長ホルモンの投与の必要性が認められると治療がはじまります。

ちなみに従来から行われているのは、注射による成長ホルモンの投与です。子どもの成長の速さなどを考えると、治療を始めるのは早いほど良いとされ、第一次性徴開始前であれば、かなり高い効果が見込めるようです。

ただ、非常に見分けがつきにくいのが低身長でもあります。親が子供の成長の個人差の域をどのようにとらえているかも大きく影響してきます。まず、保護者の気づきが必要ですね。 ホルモン剤投与注射に使用する針はかなり細く、短いので、それほど強い痛みを感じることはありません。

痛みが少ないので、子どもが寝てから注射しても目を覚まさない事も多いようですよ。。 医療機関で注射を受けることができますが、基本的には自宅での注射となっています。定期的に診察を受ける必要はありますが、自宅注射が可能ですので、病院に頻繁に通う負担は少なくてすみます。

ただ、数回注射しただけでで見違えるほど身長を伸ばすことはできません。主治医の判断が下るまでは、毎日注射を接種する必要があります。治療終了は骨端線が閉鎖するまでです。それ以降は注射の効果がえられなくなります。治療開始時期によってはかなり治療期間が長くなります。

それだけ費用がかかる・・と心配されるかもしれませんが、成長ホルモンの治療には公費負担の制度が用意されています。一定の基準を満たしている場合は医療費補助が受けられます。また、公費制度の利用できない診断内容であったとしても、健康保険の利用が可能ですし、高額医療制度の補助も利用できます。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ