Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

効率よく美肌に!日帰り温泉を使った賢い美肌術!

お肌がふっくらスベスベ温泉の魅力はたくさんありますが、そのひとつにさまざまな効能があげられます。古より数日間温泉に泊まり込む湯治が行われています。

けれども現実には、数日温泉に泊まり込むことは時間的にも金銭的にも余裕がないと大変です。しかし日帰りでも温泉の効能を感じることは可能ですし、効能がかなり強い温泉では日帰りしか受け付けない場合も少なくないようです。

日帰り温泉を効果的に楽しむためには、しっかりと情報を調べることが必要です。

温泉を楽しみたいだけ、旅館に泊まっての料理や宴会が楽しみ、という場合は泉質にこだわる必要はありませんが、湯治目的の日帰り温泉の場合、肩こり、神経痛、美肌など、いろいろある効能の中で、自分の症状に合う泉質を選ぶことが基本です。

また、温泉は、交通の便があまりよくないところにある場合が多いです。日帰りの場合、出発して到着して温泉に入ってまた戻る、ということで、一日がかりになることになります。効能をしっかりと感じるところでないと、湯治どころかかえって疲れることにもなりかねません。また、日帰りでも効能を得ることができるとはいえ、一度の入浴だけでは感じることは難しいでしょう。

できれは週に一度、少なくても月に2,3回入浴するのが好ましいので、無理なく日帰りできる範囲で温泉を選ぶ必要があります。日帰りはどうしてもあわただしくなりますが、できるだけゆっくり入浴できるように、早めに出かけることがおすすめです。

温泉にはさまざまな効能がありますが、その科学的根拠はどこにあるのでしょう?温泉の効能は成分と深く関係があります。たとえば「美肌の湯」といわれる温泉はアルカリ性の泉質で、糖尿病等の生活習慣病には硫黄泉が効くようです。

これらには、美肌の湯にはアルカリの成分が皮脂と反応して石鹸のような物質になり、古い角質を落としてくれるから肌がつるつるになる…など科学的根拠があります。ですから、成分がきちんと記されている温泉には、科学的根拠に基づく効能があると考えてもよいでしょう。

温泉の中には、温泉の成分について説明がなく、神話の登場人物や歴史上の偉人がかつてこの湯で傷を癒した、あるいは傷ついた動物がこの湯で傷を癒した・・・という昔話に基づいて効能を紹介してあるものもありますが、その場合は科学的根拠が疑わしいこともあります。

温泉の効能は、成分によるとは言いましたが、効き目があるといわれる温泉と同じ成分を有する入浴剤をつかって家庭でお風呂に入っても、温泉に浸かったときと同じ効果が得られるとは限らないようです。温泉は、緑の多い日常から離れた場所でいつもとは違う広い浴槽に入ることにより、とてもリラックスした状態になります。

心がリラックスすると、ストレスも薄まり、身体にもよい影響を与えます。温泉の本当の効能はここにあるのかもしれません。病気による身体的症状に悩んでいる方は、お湯の効能だけに頼らず、医療機関での診察も受けましょう。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ