Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

肌の弱い方必見!失敗しない温泉の選び方

まるで温泉に入ったあとの様温泉は、日本人が大好きなレジャーでもあり、全国各地にたくさんの温泉旅館があります。その中からよい温泉を探し出すにはどうしたらいいでしょう。

行きたい温泉があれば、そこを目的地にして旅行を計画するのも悪くはありません。 けれども、有名な温泉であってもがっかりしてしまう場合もあるので、やはり十分な下調べは必要です。

有名な温泉の場合、何が理由で有名なのか確認しましょう。温泉そのものに高い効能があることで有名な場合は、効能を得ることを期待してもよいでしょう。

ただし、自分が求めている効能かどうか確認する必要は当然あります。温泉の療養そのものよりも、旅行が目的ならば問題はないのですが、サービスや設備など、温泉の効能以外で有名な場合は注意が必要です。けれども、せっかく温泉旅行に出かけるのですから、何らかの効能が得られる温泉を選択しましょう。

温泉は、源泉から湧き出てから時間の経過に伴い成分が薄くなっていくので、なるべく源泉から近い温泉を選びましょう。ただし、成分や温度を考えると、源泉かけ流しがよいとは限りませんので注意して下さい。

湯治の前には医師の診断を受けた方が安心です。 特に身体的に不調なところがなく、ストレスを解消してリラックスしたいと考えている人ならば、特に泉質にこだわらず、ロケーションや浴場の広さなどを参考にしたらよいでしょう。きめの細かいサービスや地元のおいしい料理が売り物の宿もいいかもしれません。

温泉の効能を判別するには、泉質を知ることが大切です。症状に適した泉質でないと、効能を感じられないばかりではなく、体質や症状の種類によって合わない場合もあるからです。そのような注意が必要な温泉には、必ず注意書きがありますが、せっかく出かけてきたのに入れなかったということになっては残念なので、事前によく確認してから出かけましょう。

そのような注意が必要な泉質として、「酸性泉」があります。強い殺菌作用があり、水虫などの皮膚病に高い効果が得られますが、皮膚への刺激が強すぎるので長時間の入浴は危険です。

「硫黄泉」は、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病に効き目がある、高い効能を得られる泉質ですが、匂いがとても強烈なので長時間の入浴はむずかしいでしょう。「含鉄泉」という鉄分を多く含む泉質もあり、貧血や婦人病などに効果を得られます。

存在数が多い「単純泉」は、いろいろな成分がバランスよく入っていて、効き目がマイルドなので、刺激が少なく、オールマイティな効能を持ち、家族で楽しむのに適しています。中には「アルカリ性単純泉」と呼ばれる、俗に美肌の湯として知られている泉質もあります。

「塩化物泉」も存在数が多く、保温効果がとても高いので、気軽に楽しめる泉質です。 「二酸化炭素泉」は存在数がとても少ないですが、高血圧、心臓病に効き目があります。すべての病に効くといわれるのは「放射能泉」で、これも存在数が少ない貴重な温泉です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ