Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「面倒くさくない!」簡単にできるエアコンのお手入れ法

エアコン内部に潜むカビやホコリを分解家を夏には欠かせないエアコン。家を快適にしてくれる大切な家電です。長く使えるように大掃除でしっかりとケアして下さい。冬の間はストーブに切り替え、エアコンを使わないご家庭も多いと思います。

次の夏に使う時に掃除をすれば・・と考えておられる方も多いと思いますが、エアコンの掃除をせずにいると、フィルターが目詰まりして性能が落ちてしまいますし、電気代もかさんでしまったりしますよ。

また、汚れたままエアコンを放置しておくとフィルターの中でカビやダニが増殖することも・・。アレルギーの原因になったり、エアコンから臭いがしたり、使いたい時に上手く作動しなかったり・・と様々な事の原因になる可能性もあるので、エアコンの大掃除も忘れずするようにして下さいね。まず、フィルターを重点的にきれいにします。

(1)電源を切り、フィルターを取り外す。

(2)掃除機でホコリを吸い取り、さらにブラシなどを使って綺麗に吸い取る。 フィルターには空気中のホコリや細かなチリ、髪の毛、カビなどがつまっています。衛生的にもよくありませんよ。

(3)洗剤で洗う。 薄めた台所用中性洗剤を使い、たわしやスポンジ、または古い歯ブラシなどでこすり、よく洗い流して乾かします。

次にエアコン自体の汚れも落とします。

(1)前面パネルを開けて、掃除機できれいに吸い出します。

(2)上部のふき取り。

エアコンの上部はホコリがつもりやすいので、雑巾などでふき取って下さい。エアコンの場所によっては台所からの油煙でべた付いた汚れが付いている事もあります。

中性洗剤などでしっかりと綺麗に拭いて下さいね。 室外機の掃除も大切です。ちょうど良い場所に置いてある室外機、ついついいろいろな物を周りに置いてしまいますが、室外機の側に物を置いたりするとエアコンの効率が落ちてしまいます。

大掃除の機会に不要になったものなどを処分し、室外機周りをスッキリと片づけてみて下さい。夏には大活躍のエアコン、冬の間にしっかりお手入れして下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ