Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

勝負が決まる婚活についての考え方

相手を包み込む挨拶婚活が失敗する人、つまり、婚活を続けてけっこう長いのに結婚に到達できない人の事です。こういった人にもやはりある一定の共通項があるようです。

自分がその枠に入っているからと言って、必ずしも絶対に失敗するという訳ではありませんが、可能性はある・・という事も言えますので、気を付けて下さいね。では、どんな共通項があるのでしょうか。

(1)結婚に対する考え方が曖昧な人
何も考えずに結婚相談所に登録し、気になる婚活イベントに参加していれば「自分は婚活を頑張っている」と勘違いしてしまう方がおられます。言い換えれば、受験生が塾に通っているだけで「勉強している」と思い込むパターンですね。

婚活でも同じです。失敗者のパターンとして「結婚相談所に登録したり、イベント・パーティーに参加することで満足してしまう」というケースが多いです。結婚相談所のアドバイザーは人生全てを支えてくれるわけではありませんよね。

登録すれば終了ではありません。そこからは本人の努力次第なんです。当然その為には自分で好みのタイプについて説明したり、積極的に紹介を求めていかなければなりませんし、実際に交流イベントなどで知り合えた時には自己アピールも必要になってきます。

アドバイザーは効果的な自己アピールや話しかけるタイミングなどを教えてくれたり・・とサポートはしてくれますが、お見合いの時のお仲人さんのように、手取り足とりで世話をしてくれるわけではありません。ただ登録して費用を払えば、自分にとって一番いい人との結婚までの面倒を見てくれる・・なんて甘い事を考えているのであれば、失敗する可能性が高いですよ。

(2)自分の婚活方法を絶対と信じ切っている人
自分が行っている婚活が一番効果的な方法だと信じておられる方も多いです。まあ、婚活の情報サイトや雑誌で特集を組まれたりもしていますから、婚活必勝法などもいろいろと簡単に入手出来ます。でも、だからと言って自分のやり方が絶対に一番成功し易い!と信じ、周りのアドバイスに耳を貸さなかったり、途中で婚活方法を見直さない人は失敗してしまう傾向にあります。

特に、「雑誌に書いてあった必勝法で婚活を成功させた人が多いから・・」と頑張ってそれを実践していても、実際には自分に合わない方法を選択していたのであれば、それが成功する確率は非常に低いんですね。自分の信じている婚活方法が万人に受けるわけではありません。絶えず「自問自答」し、周りのアドバイスも聞きながら「自分なりの婚活方法」を見つけて下さいね。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ