Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

普通の筋肉痛とは違う?ウイルスから体を守るための筋肉痛

筋肉痛の治し方特別な運動や筋トレを行っていないのに、全身に倦怠感があったり筋肉の痛みを感じる時がないでしょうか。特に風邪を引いていると、筋肉痛が起こりやすいと言われています。

そもそも、筋肉痛は、発症のメカにズムが解明されていません。ですが風邪の場合は、体内にあるウイルスに対して抗体作用が働いているからと言われています。

風邪のウイルスを退治するために、体が熱を持つようになります。発熱があるのは、体内でウイルスを撃退しようとする働きがあるからです。さらに、筋肉痛を起こして体の休息を促しているからと言われています。

むやみに体を動かしたり、スポーツや筋トレを行うと、エネルギーを消耗するので、風邪のウイルスを消滅することができなくなります。体内にウイルスが侵入して起こす筋肉痛は、一般的な筋肉の痛みとは区別して考える必要があります。

一般的な筋肉の痛みは、数日間の休息を取れば、超回復を繰り返すので、ほとんど心配ないのですが、風邪などのウイルスによる筋肉の痛みは、回復が遅くなる傾向があるので、安静にする必要があります。

熱がある時に無理をすると、症状が悪化するだけでなく、筋肉の回復を遅らせることになるので注意しましょう。ウイルス性の疾患で熱がある場合は、筋肉の痛みを伴うことが多いのですが、とにかく、熱を下げることが大切です。

筋肉の痛みは、熱が下がれば自然に解消されて行きます。運動や筋トレの後の痛みとは違うので、安静にして病状が悪化しないようにすることが大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ