Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

空腹感に負けてお腹いっぱい食べてしまう自分がイヤ

栄養バランスを考える食べたいけれど太りたくないと言う人は多いのではないでしょうか。

人間の体は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスで体重を保っていますから、摂取エネルギーが多くなれば体重は増えてしまいます。食べたいものを毎日お腹いっぱい食べていたら、太ってしまうのが当然です。

太らない方法は多々ありますが、やはり食事の量を減らしたり空腹を我慢するなどの方法が多く見られます。これらは食欲旺盛な人にとっては非常につらい方法であり、長期に渡って実践するのが難しい場合も少なくありません。

そこで、たくさん食べても太らない方法をご紹介しましょう。先述のように、人間の体はたくさん食べると太るようにできています。

中には食べても太らない体質の人もいますから、全ての人がそうとは限りませんが、大多数の人は食欲と体重のバランスを考えながら食事をしているものです。しかし、食べ物の種類を変えることで、たくさん食べても太らないでいることが可能です。そもそもたくさん食べると太ると言うのは、摂取カロリーが多いことを指します。

つまり摂取カロリーを減らせばいいわけですから、カロリーの高い食べ物は避けて、低カロリーの食材を意識的に食べることで、体重の増加を防ぐことができます。とは言え、常にカロリーの低いものだけでは満足感も得られませんし、栄養不足にもなってしまいます。

そこで、食事の際にはまずサラダや味噌汁など低カロリーのものから先に食べるようにします。こうすると、空腹感が解消されるため、食べ過ぎを防ぐことにも繋がりますし、高カロリーのものを食べる時の吸収率も抑えることができます。

トータルのカロリーが適正なら、1日4,5食ちょこちょこ食べた方が太らないとも言われています。食べてもすぐお腹が空いてしまう人は、大盛りをやめてみて下さい。血糖値が上がると、その後血糖値が急激に下がり空腹感を感じてしまいますので、だまされたと思って食事量を減らしてみて下さい。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ