Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうなっているの?身長を伸ばす体の仕組み

寝ている時に身長が伸びる身長を伸ばすにはどうしたらいいでしょうか?「牛乳を飲む」・「小魚を食べる」昔から言われる方法を思いつく方が多いのではないでしょうか?

では、なぜ牛乳や小魚が効果的だと思われるのでしょう?やはり、カルシウムが骨を伸ばすと言うイメージが強いからだとおもいます。カルシウムと骨の成長には深い関係があります。 まず、骨の成長の仕組みですが、骨の端にある骨端線が大きな影響を及ぼします。

ここには骨芽細胞があり、この骨芽細胞がコラーゲンの繊維を生成、そしてそのコラーゲンにカルシウムが吸着し新しい骨が形成されます。この繰り返しで身長が伸びるのです。ただ、この骨端線、子どものうちは著しい成長を見せるのですが、大人になると困難になってしまうのです。

男性、女性の差はありますが、成人以降で身長が劇的に伸びた!と言う人はあまり見かけないと思います。これは子どもの内は骨端線が柔かく成長しやすいのですが、大人になると成長が止まり硬くなってしまうからなんです。つまり、身長を伸ばしたい!と思う方は成長期までがチャンスになるのですね。

成長期の内に骨端線を伸ばす事が出来るかでその人の身長の伸びが決まってくるのです。言い換えると、成長期の間に十分に骨端線が伸ばせなかった方は、身長の伸びも低くなる可能性が高いということなのです。

ただ、成長期程劇的ではありませんが、成長期を過ぎてからでも身長を伸ばす方法はありますので、諦めず努力してみて下さいね。体の成長には個人差があります。自分のペースと言うモノもありますので焦らない事も大切です。



Related post


サイト管理者

  • みさえ

    私は2人の子どもを持つ主婦です。子育てから健康まで、美にこだわりながら、なるべく無駄なお金を使わずに生活する情報などを配信しています。続きを読む

趣味のアンティークショップ